メンタルの不調をきたしたからこそ気づいた大切なこととは?

学生時代の僕は、良い大学に入ることが人生のすべてだと思っていました。(え?)

それでは、一流と言われる良い大学に入れたらそれで困難は終わりかと言うと、そんなことはありません。

今度は、一流企業に入るための試練が始まります。(汗)

人によっては、官僚などの国家公務員を目指したり、医師や弁護士などの士業を目指す方もいますよね。

じゃあ一流企業に入れたら、今度こそ試練は終了するのでしょうか。

あなたもお分かりの通り、答えは「NO」です。

たとえ一流企業に入れたとしても、またゼロから仕事を覚え、今度は昇進を目指して出世争いに参加しなければなりません。

まさに人生は終わりのない試練ということですよね。。。(汗)

一体いつになったら試練から解放されて、気楽に生きることができるようになるのでしょうか?(涙)

スポンサードリンク

やりたくないことをやり続けていると、いつか破綻する

将来安定した職業に就くためだから、出世するためだから、親の期待に応えるためだからなどの理由で努力を続けていても、いつかは必ず破綻します。

もちろん、自分自身も心からそれを望んでいて、やりたいことだから努力しているのであれば、問題はないです。

世間では、つらい思いをしても努力したり苦労することがとても良いことのように美化され過ぎている面もあると思います。

マイペースでのんびり仕事をしているA君と、寝る間も惜しんで徹夜で企画書を書いてきたB君だったら、誰もがB君の方を高く評価しますよね。(笑)

僕も昔は、B君よりのタイプだったと思います。

でも、ある時気づいたのです。

「自分は一体何のためにこんなに頑張っているのだろうか?」

「一体いつまでこんなにつらい思いをしながら努力を続けるのだろうか?」

「今自分がしていることは、本当に自分がしたいことなのか?」と。

mental1

たとえやりたくない事やつらい事でも、ある程度の期間なら頑張ることはできます。

やりたいことだけやって生きていくというのは、やっぱり現実問題として難しいですからね。(^^;)

やりたくないこともやらなければならない、それが人生なのは重々承知です。

でも、つらい思いばかりして努力を続けていても、いつか限界がきます。

ストレスや疲労がたまり、うつ病や抑うつ状態になったり、不眠症、自律神経失調症などになるのが目に見えています・・。

試験前なのに遊びまくっていたC君の価値観とは?

大学時代の友人(仮にC君とします)がこんなことを言っていたのを、今でも覚えています。(何?)

「あ~、そろそろ試験勉強やらないとやばいな。でも祝日に試験勉強やるなんて時間がもったいないな。遊ばなきゃな~。」と。

当時の僕からしたら、「え~!試験前なのだからむしろ遊ぶ時間があったら勉強するでしょ!(笑)」と心の中で思っていました。(^_^)

真面目な人からしたら、単なる遊び人とかちょっとクレイジーな彼(オイ!)ということで話が終わってしまいますが、ちょっと踏み込んで考えてみましょう。

C君と僕では、どうしてこんなにも考え方が違ったのでしょうか?

それは、彼と僕の価値観が違かったから、ということですよね。

彼は勉強などよりも、今しかできないこと、今自分がしたいことをするということに重きを置いていて、それが彼にとっては遊ぶということだったのです。

それに対して僕は試験に合格し、単位を取ることや良い成績を取ることが最も重要なことであると考えていたわけです。

スポンサードリンク

「今を楽しむ」という考え方

C君の良い所は、「今を楽しんでいる」という点だと思います。

「今を楽しむ」という考え方や視点は、当時の僕にはあまりなかったものです。

もちろん、試験が終わったら普通に友達とカラオケに行ったり遊んだりはしていましたよ!(笑)

でも、「今を楽しむ」とか「今しかできないことをする」という意識はほとんどなくて、ほとんど義務感とか将来のことばかり考えて生きていました。

「今を楽しむ」ということが幸せに生きるためにいかに大切なことか、今なら分かります。

「気づき」を大切にして生きていく

やりたくもない努力を続けていても、徐々に不眠症や抑うつなどのメンタルの不調をきたしたり、完全に破綻すれば、うつ病や引きこもりなどになってしまうこともありえます。(汗)

でも、そういった努力をしてきたらこそ、得られる経験というのもあります。

メンタルの不調をきたしたり、休学や休職をするのは悪いこととして捉えられがちですが、良い面もあります。

それは、自分が変わるきっかけを与えてくれるという点です。

事実、僕は昔と今ではだいぶ考え方が変わっているということが、この記事を読んでいるだけでも伝わっていると思います。(本当か?!)

頑張りすぎて体調を崩してしまった時にこそ、今までの自分の人生や考え方を見つめ直す良い機会になるのです。(^^;)

utsubyou1

その時に大切なのが、「自分は今までやりたくないことばかりしてきたんだ」「自分に無理をさせ過ぎてきたんだ」ということなどに気づくことです。

そういった新たな発見を、僕は「気づき」と呼んでいます。

「今を楽しむことも大切なのだ」「自分が本当にやりたいことって何だろう?」などと考えるようになることも、大切な気づきですよね。

もちろん、そうやって気づくだけですぐに自分を変えられるわけではありません。(え~!)

でも、まずは気づかなければ、何も始まりませんよね。

自分が変わるためのきっかけという意味でも、「気づき」はとても大切なことだと思うのです。

あなたにおすすめの記事

http://mental-happiness-kokoro.com/affirmation-zikoanzi/

自己紹介や自分のことを話すのが苦手な人の原因とその対処法
進学したり、新しい職場に入ると、自己紹介をする機会がありますよね。 一般的な自己紹介以外でも、自分のこと、自分の話を人前でしなければならな...
愛着障害があると、すべての人が敵に思えてしまう?!
人混みが苦手、知らない人ではなくても、周りに人がいると落ち着かない。 だから一人になりたいと思うけど、一人でいると、それはそれで寂しい・・...
「【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~」のレビュー
うつ病で精神科にかかり、抗うつ薬や安定剤などの薬をもらっても良くならなかった。 うつ病以外でも、不眠症、自律神経失調症、パニック障害、社交...

【忘れないようにシェアする!】

【更新情報をフォローする!】