夜更かしをやめ、生活のリズムを整える方法

僕は個人的に、すべての健康法やメンタルトレーニングの中で、最も重要だと思っていることがあります。

どんなに役に立つ本を読んでも、どんなに毎日運動や体操を頑張っても、どんなに良いカウンセラーさんに出会っても、この点を押さえられていないと、せっかくの効果も水の泡になってしまうというくらいに重要なことです。

それは、生活のリズムを整える、生活のリズムを保つ、ということです。

「生活のリズムを整えよう!朝型の生活にしよう!」と思っても、実際、それがまた難しいんですよね・・。

最初だけは気合いで何とかなったとしても、それを維持するとなるとなかなか難しいものです。(^^;)

結局、理論とか頭でわかっていても、それをどうやって実践して、継続していくか、習慣化していくか。

その点の工夫や対策についての方法やノウハウの方がむしろ知りたいことですし、考えていかなければならない点だということです。

それでは、僕が今までいろいろと実践してきたことも踏まえて、生活のリズムを整える方法について、具体的に考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

朝日を浴びる、それだけでもだいぶ違います

まず、よく言われているように、朝に日の光を浴びることはめちゃくちゃ重要です!

体内時計は25時間と正確には24時間ではないですし、寝る時間も毎日一定とは限りません。

でも、朝に日の光を浴びることによって、体が今は朝なのだと認識をして、体内時計がリセットされるのです。

朝、日の光を浴びることによって、セロトニンが分泌されます。

セロトニンはメラトニンというホルモンに変換され、睡眠を誘導してくれるため、夜の寝つきもよくなります。

朝にしっかりと日光を浴びておくことによって、夜になると自然に眠くなるようになるため、不眠症にも絶大な効果があるのです!

時間帯によって光を使い分ける!

この話は有名なのですでにご存じかもしれませんが、夜は照明を暗めにすることと、スマホやパソコンなどの明るい光、ブルーライトを見ないようにすることがポイントです。

うちの場合は、夕方以降は白色光から温かみのある黄色光に切り替えて、光量も落とします。

青白い光というのは、日中は集中力を増してくれますが、覚醒作用があって、夜には不向きです。

夜はなるべく早くに間接照明にして過ごしましょう。(^_^)

ついつい夜更かしをしてしまう本当の理由とは?

ここまでの話は、すでにいろんなサイトや本、テレビ番組などでもよく取り上げられていて、知られている内容だと思われます。

ここから先は、さらに僕が踏み込んで考えている、生活のリズムを整えるための方法についてお話ししてみたいと思います。

まず、朝早く起きるためには、夜早く眠ること、夜の睡眠の質を上げることが重要となりますが、そもそも夜早く眠ることができない理由はなんなのでしょうか。

自分の場合は、ついつい夜遅くまでテレビやネットの動画を見てしまったりすることが多く、次に多いのは、夜になったからも何かやりたいことややらなければならないことがあって、それに取り組んでしまうということです。

普通に考えれば、夜遅くまでテレビを見てしまうというのは精神的に堕落しているとかだらしがないからだという解釈だけで終わってしまうと思いますが、果たしてそれだけでしょうか。(え?)

yofukashi1

僕が気づいたのは、夜遅くまでテレビを見てしまうのは、昼間学校や仕事で自分がしたくないことばかりをしていてストレスや欲求不満がたまっていて、心が満たされておらず、それを満たすために、楽しみを与えてくれる娯楽につい依存してしまうのではないか、ということです。

夜早く寝るということは、そうした楽しみを得られずに一日が終わってしまうということで、明日の朝からまた嫌な学校や仕事が待っている、ということになります。

明日の朝のことを(無意識に)考えると憂鬱になり、それでまだ起きていたい、と無意識的に考えるため、ついつい夜遅くまで起きて何かをしていたくなってしまうのではないかと思うのです。

人は、無意識の力に9割支配されて生きています。

意識はたったの1割です。

無意識にでもそういう風に心が思うのであれば、意識で頑張ってもなかなか逆らえません。

なので、根本的な意味で夜更かしをやめて夜早く寝る習慣をつけたければ、そういう無意識や潜在意識の部分、つまり心の奥深くの心理にも目を向けて、解決してあげないと、本当の意味では解決にならないのだと思います。

そのためには、昼間の生活、普段の生活で自分が心から楽しみながら生活するようにするとか、なるべくストレスをため込まないようにするという地道な心がけが必要になってくると思われます。

やりたいことはなるべく昼間のうちにやるようにするとか、昼間のうちになるべくストレス発散をしておくというのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

夜更かししないための簡単にできる方法とは?

最後に、僕が普段行っている、「一日の振り返り」についてお話ししたいと思います。

夜寝る時間が近くなってきたところで、今日一日を振り返り、今日自分ができたこと、達成できたこと、頑張ったことなどを思い返していきます。

その自分が達成できたこと、頑張ったことについて、その努力を認め、褒めてあげるということをします。

例えば、朝いつもより早くおきて散歩することができたのであれば、「今日は朝早く起きて、まだ眠いにもかかわらず頑張って外に出て、散歩することができた。日の光を浴びることができた。よく頑張ったね!」と自分を認め、褒めてあげることです。

日記やノートに書いても良いですし、頭の中で考えてもいいですし、声に出しても良いです。

こういう振り返りを毎日繰り返していくことで、「今日はもう一日よく頑張った!だから今日はもう寝て、あとはまた明日頑張ろう!」というメッセージを潜在意識に送ることができます。

一日をとても気分の良い状態で終えることができますので、あなたも是非試してみてください♪(^_^)

あなたにおすすめの記事

マインドフルネスとは?マインドフルネスのやり方を分かりやすく解説!
仕事やビジネスのパフォーマンスを上げたり、日々のストレスをケアする手法として、「マインドフルネス」という方法が注目されるようになってきています。 ...
特典5「人間関係のストレスから解放される!ストレスなく人と接し、自然と人から好かれるようになるコミュニケーション術」
職場や学校、家庭などで人と接する時にストレスを感じてしまい、とても疲れやすい。。。 相手の言動が気になったり、言われたことについつい反応し...
どうでもいい些細な事が気になってしまう時の対処法
あとで振り返った時に、「あの時は何であんな小さなことで怒っていたのだろう?」と思うことってありませんか? 僕は、よくあります。(^^;)(...
にんにく卵黄サプリメントの比較と選び方
あなたは、にんにく卵黄というサプリメント(健康食品)をご存じでしょうか? にんにく卵黄は、テレビCMや雑誌などでもよく紹介されていて、昔か...

【忘れないようにシェアする!】

【更新情報をフォローする!】