せっかちになってしまう原因とその対処法

僕は時々、やってもやっても「やらなければならないこと」がいつまで経っても無くならないという感覚に襲われることがあります。(え?)

決して怠けている訳ではありません。(笑)

むしろ仕事やその他のやらなくてはいけないことが溜まっていくのが一番のストレスになるので、やるべきことはなるべく早く済ませたいタイプです。(同じようなタイプの方もきっといるはず!)

やるべきことがまだ残っている状態ってそのことが気になりますし、結構ストレスになるんですよね~。。。(汗)

大きなイベントがある時や、年末や年度末など忙しい時期になると、やるべきことを片付けてもまたどんどんたまっていくという感覚に襲われてしまいます・・。

そうすると、少しでも早くduty(義務)を片付けなきゃと時間に追われることになるので、イライラしたりせっかちになりがちになってしまうのが問題です。(汗)

僕は自分で自分のことをもともとは「せっかちさん」(笑)だと自覚していますが、やっぱり、せっかちなのはとても疲れます。。。

というわけで、どうして「せっかち」になってしまうのか、どうすればイライラしたりせずにメンタルが落ち着くのか、少し立ち止まって考えてみたいと思います。(^_^)

スポンサードリンク

どうして「せっかちさん」になるのか?

まず考えるのは、せっかちってもともと生まれ持った素質や今の性格によるところも大きいと思いますが、それ以外にも原因があるのではないかということです。

生まれ持った素質はいわゆる「気質」といわれるもので、生まれながらのものですが、「性格」の形成については、後天的な要素も大きいです。

性格というのはようは行動や考え方のパターンということですが、そのパターンは、習慣によって作り出されます。

つまり、せっかちになるのには普段の行動パターンや習慣が大いに関係している可能性が高い、ということです。

もともと穏やかで行動がゆっくりしている「おっとりさん」も、職場で鬼のような上司に毎日急かされて仕事をしていたら、だんだんせっかちになる・・かもしれません。(笑)

僕の場合、「すぐに仕事を終わらせなければ時間が足りない」という感覚が強いです。

sekkachi2

今の職場は常にそんなに忙しいわけではないですが、やっぱり仕事が急に重なったりすると忙しくなることはあります。

今までもっと忙しい職場で働いていた時は、いかに効率良く、速く正確に仕事をこなしていくかということを考えていて、常に「時間との闘い」でした。

そういう経験がある程度続くと、「せっかち」が習慣化してきてしまって、時間のかかることや無駄なことに対して苛立ちを感じるようになってしまうのです。

あとは、ちょっと時間が空くと「何かしなければ」とか「時間がもったいない」という感覚に襲われるようになって、リラックスがしづらくなるという弊害もあります。(この感覚、あなたも経験ありますでしょうか?)

せっかちな自分への対処法

少しくらいせっかちでも、まあいいのかもしれません。

でも、やっぱりせっかちだとちょっとしたことでイライラしやすいですし、メンタル的にも良い状態とは言い難いです。

ゆっくりだらだらとしゃべる人や歩くのが遅い人に対してイライラしたり、車の運転中もイライラしやすくなります。(笑)

せっかちになるような習慣を減らすためには、やるべきことをなるべく減らすことが一つの対処法になると思います。

そもそも、やるべきことが多いというのは、人それぞれ自分の感覚によるところも大きいかもしれません。(どういうこと?)

つまり、「~しなければ」という義務感が強い人ほど、やるべきことがどんどん増えていってしまう、ということです。(恐ろしい!)

かといって、生きていく上でやるべきことをゼロにするというのは現実的ではありません。

ですので、なるべくやるべきことは絞るようにする、ということですね。

ぶっちゃけ僕は、いろいろなことを同時にやるというのが非常に苦手です。(汗笑)

やるべきことが多すぎる場合に一番怖いのは、最終的にはもう何もかもが嫌になってしまって意欲が低下したり、精神的に疲弊して抑うつ状態になってしまうということです。

そうならないためにも、「やるべきこと」はできるだけセーブして増え過ぎないようにコントロールしたいものですね。

「やらなければならない」からするのではなく、自分が「したい」からそうするのだということを増やすことができれば、さらに理想的だと思います。(^^;)

スポンサードリンク

やっぱり、「あきらめる」ことが大事

やるべきことが多すぎて、うまく行かないことが多すぎて、落ち込んだり悲観的な気持ちになることもあると思います・・。

そんな時に大事なのは、やっぱり、「あきらめること」だと思います。

あきらめたり、執着心を手放すことによって良い意味で「どうでもいいや」と思えるようになり、心も楽になります♪

頑張り過ぎている自分に対して、「そんなに頑張り過ぎなくても良いんだよ」と自分を「ゆるす」のも良いことですね。

いろいろな方法があると思いますが、「自分をゆるませる」ということです。

さて、頑張って記事を書き終えたところで、僕も自分をゆるませることに専念したいと思います。(^_^)(笑)

あなたにおすすめの記事

セロトニンを分泌させるサプリメント「リラクミンSe」を飲んでみた感想
不安、イライラ、抑うつなどでメンタルが安定しない時は、脳内でセロトニンが不足している状態です。 セロトニンは不安感やイライラを抑え、精神を...
完璧主義はうつ病の原因?完璧主義の治し方とは?
うつ病や抑うつ気分になりやすい人には、完璧主義の傾向があることが多いです。 何でも完璧にやり遂げなければ、気が済まないのです。 ...
特典1「食事を変えればあなたは変われる!メンタルや健康に『良い食べ物』と『悪い食べ物』のすべて」
あなたは、どんな食事や食べ物がメンタルに悪い影響をもたらすのか、ご存じでしょうか? 逆に、どんな食事をしたらメンタルや健康に良いのか、ご存...
潜在意識(無意識)とは?無意識の力を借りて楽~に生きる方法♪
潜在意識や無意識という言葉は、あなたも聞いたことくらいはあると思います。 実は、潜在意識というのは、僕らがメンタルを強くしたり、なりたい性...

【忘れないようにシェアする!】

【更新情報をフォローする!】