セロトニンを分泌させるサプリメント「リラクミンSe」を飲んでみた感想

不安、イライラ、抑うつなどでメンタルが安定しない時は、脳内でセロトニンが不足している状態です。

セロトニンは不安感やイライラを抑え、精神を安定させてくれる作用を持っていて、よく「ハッピーホルモン」とも呼ばれています。

セロトニンが十分に分泌されていると、多幸感を感じやすくなり、幸せな気分で毎日を過ごすことができるようになるからです。(^_^)

serotonin1

それでは、セロトニンを分泌させるためには、具体的にどうしたら良いのでしょうか?

セロトニンを分泌させるサプリメント「リラクミンSe」とは?

セロトニンを分泌させるために最も大切なのは、規則正しい生活習慣です。

まずは、朝起きて太陽の光を浴びること。

そして、散歩などのリズム運動をして、軽く体を動かすことです。

こういった生活習慣を続けていくことで、セロトニンの分泌量は徐々に増えていきます。

ただ、そういったことを頭では分かっていても、いろいろな理由があって、なかなか実践や継続ができないこともあると思います・・。

supplement2

それに、そもそも夜の寝つきが悪くて、そのせいで朝起きられないし、起きたとしてもだるくて何もやる気が出ないという方も多いと思います。。。

ですので、あくまで一番大切なのは生活のリズムを保つことですが、そのサポート役として、メンタル系のサプリメントを利用するのはとても効果的なことだと思うのです。

セロトニンを分泌させてくれるサプリメントとして僕が愛用しているのは、「リラクミンSe」というサプリメントです。

これは日本製のサプリメントで日本人の体質に合うように作られていますので、海外製のものよりも安心です。

リラクミンSeには、ラフマ葉エキス、ギャバ(GABA)、クワンソウなどの成分が含まれています。

ラフマ葉エキスは、セロトニンを分泌させる効果があることが知られている、天然のハーブです。

天然のハーブなので、特に副作用もないので安心ですし、他の薬との飲み合わせ(相互作用)もほとんど気にする必要がありません。

ギャバは言わずと知られたリラックス効果のあるアミノ酸で、脳内で神経の興奮を抑えてくれる作用をもっています。

クワンソウもリラックス効果のある薬草として、古くから親しまれているものです。

rirakuminse1

これらはすべて天然の成分から作られたものですので、睡眠薬や抗不安薬などの薬とは違って、自然な形でリラックスさせ、気分を安定化させることができるのです。

夜に飲んでリラックスして、寝つきや睡眠の質が良くなると、翌朝もしっかり起きられるようになるので、生活のリズムも整ってきて、とても良い循環が生まれてきます。

僕がリラクミンSeを飲んでみた感想

リラクミンSeを飲んで僕が一番早く感じたのは、やっぱり心が落ち着いてリラックスできる感覚と、寝つきが良くなるということです。

僕の場合、夜寝る前や夕方、帰宅後などに飲んでいます。

睡眠薬などとは違って急に眠くなるわけではなく、自然な形で気分が落ち着きます。

僕の場合は、特に副作用などは感じませんでした。

夜しっかり休めるようになると、朝も自然と目覚めが良くなります。

kansou1

大切なのは、せっかくリラックスしたところで、精神的に不安定になるようなことをしたり、見たりしないことです。

激しい運動、友人や恋人、家族との喧嘩、ドキドキしたり感動するような映画やドラマなどを見ることは、なるべく控えることです。

たとえ好きなことや趣味でも、熱狂したり盛り上がったりするようなことは夜にはやらないことをおすすめします。

夜はもう、リラックスして体を休めるためだけにあるものと思ってください。(笑)

したいことは、朝早く起きてやればいいのです。(^_^)

⇒ 「リラクミンSe」の詳細を見る!

【忘れないようにシェアする!】

【更新情報をフォローする!】