思考が暴走するとうつになる?思考中毒を治すためのメンタルトレーニング

現代人の生活は、とにかく忙しくて、時間に余裕がないです。(何?)

毎日やるべきことが多すぎて、「次はあれを片付けなければ」「あ、まだあれをやっていなかった!」「あの件についてはどうしようか」などと常に頭の中で先のことを考えながら生活していますよね。

そして、嫌な出来事にしても良い出来事にしても、そのどちらでもない出来事にしても、過去のことが頭に思い浮かんで、そのことについて振り返ったり、「もっとこうすべきだった」などと後悔することも多いです・・。

ひとたび嫌な出来事があった日には、もうその事が頭から離れなくなって、今目の前のことに集中できなくなってしまいます。。。(あなたにも、そんな経験があるはずです。)

スポンサードリンク

思考中毒とは?

こういった現象は、「思考が暴走している状態」、「思考中毒」の状態と考えることができます。

考えることが癖、習慣になってしまっているのですね。

何かを考えていないと、逆に落ち着かない状態になってしまっています。

思考中毒の状態では、脳が「考えたい、考えたい」と常に思っていって、脳が思考を欲している状態です。

まさに、中毒や依存症のような状態になってしまっているのですね・・。(汗)

脳は考えることがその大きな役割の一つですから、それも当然なのかもしれません。

脳にとっては、自分が気になることや将来の危険や不安なことを考えることが、一種の快楽なのかもしれません。

もちろん、将来起こるかもしれない危険を予知することは、生きるための本能でもあり、そのおかげで人間はここまで進化できたのだと思います。

思考中毒はうつ病の原因になる?!

思考が暴走してしまって考えるのをやめたくてもやめられない状態が、「思考中毒」です。

思考はたしかに生きるために必要不可欠なものですが、それをコントロールできなければ、様々な心身の不調、特にうつ病や抑うつなどのメンタルの不調をもたらします。

脳というのは、特に難しいことを考えていない時でも、常にエネルギーを消費しています。

考えたり悩んだりすればするほど、さらにどんどん心のエネルギーは減っていきます。

そのエネルギーがだいぶ枯渇してしまって、意欲や気力がなくなって、やる気が出ない、憂うつな気持ちになってしまうと、うつになるわけです。。。

思考中毒を治すためのメンタルトレーニング

思考の暴走を止めて、思考中毒を治すためのメンタルトレーニングをひとつご紹介したいと思います。

それは、自分の思考を客観的に見る癖をつける、ということです。

思考をまるで自分とは別の存在、対象物として、客観的にとらえるのです。

shikouchuudoku1

そうは言っても、どうしたら思考を客観的にとらえることができるのか、それが難しいと感じますよね。(^^;)

僕が普段から実践している、思考を対象物としてみて、思考に流されないための方法をお教えします。

それはとても簡単なことで、自分の思考に気づいたときに、「~と考えている。」「~と思っている。」などと付け加えるだけです。

これを実践すると、思考が始まったことに気づきやすくなり、不必要に思考が暴走して、思考に流されてしまうことが少なくなります。

思考を止めよう止めようとか、何も考えないようにしようとしても、それはかなり難しいことです。

それくらい、思考の力というのは大きいということですから、ちょっと恐ろしいですよね・・。

無理に何も考えないようにしようというよりは、普段からできるちょっとしたトレーニングとしては、上記の方法で、自分の思考を客観的にとらえるようにするという方法のほうが、とても有効なのです。

スポンサードリンク

思考よりも、感覚を大切にする

僕もそうなのですが、思考中毒に陥っている人の場合、思考が感覚よりも極端に優位になってしまっていることが多いと思います。

思考よりも感覚の方に意識を集中させて、感覚の方を優位にすることで、逆に思考の方が落ち着いてきます。

これは今はやりの「マインドフルネス」における基本的な理論でもあります。

もちろん、マインドフルネスや瞑想も思考中毒を治すための強力なトレーニングですので、その方法ついてはまた次の機会にお話ししたいと思います。

感覚をより強く意識するためには、普段から、何かを感じた時に、「~と感じている」と意識するのも一つの方法です。(あくまで一つの方法ですので、必ず言葉にしなければならないという意味ではありません。)

おいしいものを食べている時、青空を眺めた時、暑さや寒さを感じた時など、いろいろありますよね。

他にも、何か感情を感じた時には、「今、自分は怒りを感じている」「悲しいと思っている」「あ、イライラしてきているな」などと、自分の感情を客観的にとらえることを習慣にすると、感情に流されることが少なくなってきます。

こういった手法は、思考や感情など、頭の中の様子を、「実況中継」ような感じですね。

この「実況中継」の手法を行っていると、自分の思考や感情を客観的にみる力(「メタ認知」と呼ばれているそうです。)が養われてきます。

本当の自分は、今ここにしかいない

時々、「何が本当の自分なのだろう?」と考えることがありました。(え?)

自分の考えていること、自分の思考そのものが自分なのかと思っていまいがちでしたが、それは違うような気がします。

なぜなら、頭の中で思考がぐるぐると回っていて、それをやめたくてもやめられなくて、つらいと感じている自分もいるからです。。。

過去でも未来でもなく、今この瞬間を生きて、その感覚を味わうことができるのが、本当の自分なのではないかと思います。(^_^)

あなたにおすすめの記事

「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」(須藤裕司)のレビューと感想
学校や職場でみんなの輪に入るのが苦手で、なかなかなじむことができず、いつもどこか不安を感じている。 表面的な人付き合いはしているけれど、本...
糖質制限食で抑うつ、不安、イライラなどのメンタルの不調は確実に改善する!?
白米、ラーメンなどの麺類、チョコレートやアイスなどのスイーツ・・ おいしくて、ついつい食べ過ぎてしまいますよね!(^^;) ...
せっかちな性格を直す方法
あなたは、自分のことをせっかちな性格だと思いますか?(え?) 僕は自分で自分のことを、せっかちな性格だと自覚しています。(^_^)(威張る...
メンタルを強くするための簡単にできる呼吸法とは?
不安でたまらなかったり、イライラしていたり、精神が不安定な時に気持ちを落ち着かせてメンタルのバランスを保つというのはなかなか難しいことです。。。 ...

【忘れないようにシェアする!】

【更新情報をフォローする!】