コレですっきり!執着心を捨てる2つの方法とは?

何かに執着したり固執したりすることは、メンタル的に良い状態とは言い難いですよね。

仕事にしても、恋愛にしても、その他の対人関係のストレスにしても、執着心があって、こだわりを捨てることができないからこそ腹が立つのです。

ちなみに僕は、仕事で自分のやっていることに対して、周りから文句や意見を言われるのが苦手でした。。。

別に客観的に見たり相手の側に立ってみれば、僕を責めようとか文句を言ってやろうという気はほとんどないと思います。

そういうことを冷静に分析することは可能ですが、実際に何か言われると、ついイライラしてしまうこともあります。

そんな時、「自分は今イライラしているな」、「今腹が立っているな」と自分を客観視することはある程度できているつもりです。

自分は「今~と思っている」と自分の感じていることを客観視することは、とても大切なことです。

僕が次に考えることは、「どうしてこんなにイライラしてしまうのだろうか」ということです。(ちなみに、みなさんは普段どのくらいイライラすることがあるのでしょう?気になります。)

スポンサードリンク

執着心があるからこそ、苦しみが生まれる

日常生活の中で遭遇するイライラや怒り、悲しみ、落胆などのネガティブな感情は、たいてい執着心に起因するのではないかと思います。

執着してしまう、こだわってしまうからつらいのです。。。

渋滞にはまると、イライラします。

朝の通勤時なら、焦りますよね。

でもそれは、突き詰めて言えば、「早く目的地に着きたい」、「遅刻したくない」という執着心があるからこそ生まれる感情なのだと言うこともできます。

仕事のことで周りから何か言われると無償に腹が立つのも、仕事への自分の「こだわり」があるからこそです。

何のこだわりもなく、心の底からどうでも言いと思っていることならば、何を言われても気にも留めないでしょう。(それはそれで問題だ!笑)

イライラしたり、怒ったり、悲しんだり、落ち込んだり、そういったネガティブな感情を感じながら生きるのはとてもつらいことです。(ですよね?)

そういった苦しみから解放されるためには、やっぱり執着心というのは少しずつでも手放していきたいものだと僕は感じています。

そこで考えるのは、「執着心を捨てる方法って何だろう?」ということです。

執着心を捨てる一つ目の方法

ところで、執着することの逆の行為って、何だと思います?

答えはいろいろとあると思います。

僕が今思いつくのは、「手放すこと」、「捨てること」、「あきらめること」です。

あきらめることってすごく大切なことだと思います。

「何事もあきらめが肝心」なんて言葉もありますが、まさにその通りですね。

あきらめることは、執着心を捨てるための一つの方法だと僕は思います。

たいていうつ病とか不眠症とかメンタルの不調をきたす人って、途中で投げ出してしまう人より、頑張る人の方が多いです。

あきらめることが苦手だからこそ、頑張ってしまうわけです。

shuuchakushin1

たまに思うのですが、もし自分が適当でちゃらんぽらんな人間だったとしたら、どんな風に感じるのだろうと。(笑)

性格やメンタルが変わると、普段の生活での物事の感じ方って全然変わるんでしょうね。(^_^)

僕の場合、勉強にしても仕事にしても、キリがいいところまで、あともう少しだけと自分に言い聞かせて、ついついろくに休憩もとらずにやり過ぎてしまう癖があります。

ある意味、ブログを書くこともそうです。(え?)

一度書き始めたら、書き終わるまで止まりません。(笑)

一度やり始めたら、途中で止めたりあきらめたりすることができないのです・・。(汗)

何かをやり続けることも難しいことですが、途中であきらめたり、区切りをつけることも、結構難しいことなのです。(ま~、人によって違うかもですが。笑)

スポンサードリンク

執着心を捨てる二つ目の方法

執着心を捨てる方法の二番目として、僕が良いと思うのは、満足感や充足感を得る、ということです。

「満足すること」も、ある意味執着することの反対の行為と考えることができます。

「まだまだ足りない」、「もっと欲しい」と思うからこそ執着してしまうわけですよね。

それならば、「もう十分です。」「満足しました。」「ありがとう。」という考えに切り替えることによって、執着心を捨てることができるはずです。

性格というのは考え方の癖であって、考え方の癖は習慣になっているからこそ癖になってしまっています。

その悪い癖を直したければ、今度は良い考え方を習慣にすることです。

考えだけでなく、行動を変えることも重要です。

執着しそうになったら、「あ、もう十分頑張ったから休憩しよう!」という考え方に切り替えて、実際に仕事や作業を一旦中断するのです。

何か上手くいかないことがあって不安に思ったり、イライラしてしまう時には、「もうあきらめよう」と開き直ることができれば一番です。

いい意味であきらめて、執着心を捨てて自分を解放してあげることで、気持ちが楽になります♪

「あきらめること」と、「もう十分と満足すること」。

この二つが、執着心を捨てるための方法としてきっと役に立つと思います。(^_^)

あなたにおすすめの記事

「【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~」のレビュー
うつ病で精神科にかかり、抗うつ薬や安定剤などの薬をもらっても良くならなかった。 うつ病以外でも、不眠症、自律神経失調症、パニック障害、社交...
個別のメール相談(カウンセリング)について
メンタルの不調や生きづらさを抱えて悩んでいる方で、もし僕に話を聞いて欲しい、アドバイスを聞きたいという方がいらっしゃいましたら、個別のメール相談(カウン...
人工甘味料と天然甘味料の種類、安全性について
ダイエットや心身の健康のために糖質を制限する際に、「カロリーゼロ」や「糖質ゼロ」の食品は注意が必要ということは、前回の記事でお話ししました。 ...
不安や緊張、怒り、悲しみなどのネガティブな感情をコントロールする方法
会議や研究のプレゼンなどで、何かみんなの前で発表しなければならない時。 緊張しますよね・・(汗) 自分のささいな発言で、相手...

【忘れないようにシェアする!】

【更新情報をフォローする!】