やる気が出ない原因とその対処法

やらなければならないことは多いけれど、どうしてもやる気が出ない時ってありませんか?

やる気が出ない時にはどうしたら良いのか、どうしたらやる気や意欲に満ち溢れた人間になることができるのだろうか・・

そんなことを多分、僕は誰よりも考えてきました。(え?)

なぜなら僕は昔から、やる気が出ないことが多かったからです。(笑)

正確に言うと、やる気が出る時と出ない時の差が激しいという感じでしたね。。。

そんなわけで、やる気が出ない原因とその対処法について、僕のこれまでの経験や分析をもとに、オリジナルな考え方をお示ししたいと思います。

スポンサードリンク

やる気が出ない原因は?

そもそも、やる気が出ない原因はなんのでしょうか。

やる気や意欲というのは、言って見れば「心のエネルギー」だと僕は考えています。

心にエネルギーがあるからこそ、何かをやろうという気力が生まれるのです。

疲れてくれば、当然やる気や意欲も低下してきますよね。

ただ、「疲れる」と言っても、体が疲れているだけでは、やる気そのものはあまり低下しないと考えられます。

やる気が低下するのは、体ではなく、脳が疲れているから、ということです。(もちろん、心と体はリンクしているので体が疲れれば脳も疲れます。)

では、脳が疲れてしまう原因は何かと言えば、脳を使いすぎているから、ということになります。

常に不安や緊張状態にあって、ストレスをかかえている。

悩み事や決めなければならないことがあって、あれこれ悩んでいる。

その他、単純に勉強や仕事のし過ぎでも、当然脳は疲れてきます。

うつ病や抑うつ状態の時に、休養が必要な理由

やる気や意欲が低下する病気として有名なのは、うつ病ですよね。

うつ病や抑うつ状態というのは、ものすごく簡単に言ってしまうと、「心のエネルギーが不足している状態」ということができると思います。(簡単に言い過ぎ?)

うつ病や抑うつ状態の時に一番大事なことは、休養することです。

yaruki1

休養と言っても、ただ会社や家事を休んで家にいればよいというだけではありません。

仕事以外でも、家事や日常生活、人間関係などのしなければならないこと、精神的な負担を極力減らすことが必要です。

そして、今後仕事を続けるべきかやめるべきかなどの決断は状態が良くなるまではしないということも重要です。

何かを決めたり悩んだりするほど、意欲は低下する!

何か重要な決断をするというのは、ものすごい脳のエネルギーを使いますし、ストレスになります。(ほんとです。。。汗)

決める、選択する、悩むといった脳の作業は、本当に脳にとって大変負荷のかかるものなのです。。。

結婚という本来嬉しいはずのイベントでも抑うつ気味になることがあって、そのことを「マリッジブルー」とよく言いますよね。

結婚の準備をする時はとてもいろいろなことを決めたり考えたりしなければなりませんから、きっとそのことも抑うつの原因になっていると思われます。

結局、精神的に疲れている時やメンタルが不安定な時は、何かを決めたり悩んだりする作業は極力避けることが大切ということです。(^^;)

やる気がある時やメンタルの調子が良い時でも、頑張り過ぎて心のエネルギーが減ってくれば抑うつ気味になるので、一度に頑張り過ぎないことも大事ですね。(僕はこのパターンでいつも失敗していました。。。笑)

スポンサードリンク

やる気が出なくなるのは脳からのメッセージ?!

やる気が出なくなったり抑うつになったりするのは、脳がもうかなり疲れてしまっていて、脳のエネルギー、つまり心のエネルギーがなくなってしまっているということです。

ということは、やる気がなくなるというのは、脳にそれ以上無理をさせないためのメッセージ、シグナルであるという見方もできるのです。

エネルギーがもうないのに、無理して何かをしようとすれば、脳にかなりの負荷を強いることになり、もしかしたら脳に重大なダメージを与えてしまうことにもなりかねません。(恐ろしいですが、実際の所どうなのでしょうか?)

エネルギーがない時には、エネルギーを回復させること、つまり休養、休息、リラックスなどが必要ですよね。

やる気が出ないというのは一種の体(脳)からのシグナルで、「休息が必要ですよ!」という大事なメッセージを伝えてくれる役割を果たしてくれていると捉えることもできるのです。

やる気が出ないときの対処法は?

最後に、やる気が出ない時の対処法についてですが、やっぱり、休息や休養をとることが一番だと思います。

あとは、先ほどお話ししたように、決断したり悩んだりしなければならないことを極力減らすこともポイントでしたよね。

iyoku1

ちなみに僕は昔、やる気が出ない時でも、「こんなことではダメだ!まだやらなければならないことが一杯ある!」と自分に言い聞かせ、自分にむちを打つようにして、勉強やバイト、仕事などに取り組んでいた時期もありました。

それがいかに愚かなことで脳や心にダメージを与える危険なことかということが、今ならあなたにもお分かりいただけるかと思います。。。

今回はやる気が出ない原因については単純に脳が疲れているからということで話を進めてきましたが、もちろん、その他にも原因はいろいろとあると思います。

脳は休めすぎればよいというわけではなく、逆に寝すぎたり怠けすぎても機能が落ちて、意欲が出なくなることがありますので、注意してください。

脳が疲れているということと重なる部分でもありますが、睡眠不足の時や、熟眠できていない時、不眠症の場合でも、当然やる気は出ないですよね。

生活のリズムが崩れていて夜型になっている人の場合も、起きてしばらくの間、午前中などはやる気が出ないことが多いです。

夜型から朝型の生活リズムに切り替えたい方は、「夜型から朝型の生活リズムに切り替える方法」の記事をご覧ください♪

疲れてやる気が低下してくると、一時的にですが「もう何もやりたくない!」と思う時もありますよね。。。

そんな時は、「もう十分頑張ったから、無理し過ぎないようにね!」と自分の心に優しい言葉をかけてあげるのも一つの手だと思います。

あんまり気を張り過ぎたり無理し過ぎないようにして、生きていきたいですね。(^_^)(笑)

あなたにおすすめの記事

特典4「たったこれだけで人生が変わる!メンタルと健康のための7つの生活習慣」
あなたは、朝気持ちよく目覚めて、朝から元気に活動したり、仕事などに取り組みたいけれど、なかなかそれができないと感じたことはないでしょうか? ...
「【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~」のレビュー
うつ病で精神科にかかり、抗うつ薬や安定剤などの薬をもらっても良くならなかった。 うつ病以外でも、不眠症、自律神経失調症、パニック障害、社交...
自己紹介や自分のことを話すのが苦手な人の原因とその対処法
進学したり、新しい職場に入ると、自己紹介をする機会がありますよね。 一般的な自己紹介以外でも、自分のこと、自分の話を人前でしなければならな...
いつも機嫌が良い人、怒らない人の特徴とその秘密とは?
いつも機嫌が良くて、疲れているはずなのに楽しそうに仕事をしていて、気分が安定している人。 部下のミスや予期せぬトラブルがあっても、イライラ...

【忘れないようにシェアする!】

【更新情報をフォローする!】