自己紹介や自分のことを話すのが苦手な人の原因とその対処法

進学したり、新しい職場に入ると、自己紹介をする機会がありますよね。

一般的な自己紹介以外でも、自分のこと、自分の話を人前でしなければならない機会というのは、いろいろな場面で訪れます。

就活や新しい仕事を探す際の面接、新しい顧客や取引先への自己アピール、研修やセミナーなどのグループワーク、企画など何かプレゼンをする場合、講演会やセミナーなどの講師として自分が語る場合、などが挙げられます。

自己紹介が苦手な人、自分のことを話すのが苦手な人というのも、多いと思います。(僕も苦手なほうです!汗笑)

緊張せずに人前で堂々と、はきはきと楽しそうに自分を語れる人との違いは、一体どこにあるのでしょうか?

スポンサードリンク

思考がコントロールできていない

あなたも経験がおありかと思いますが、学生時代、あるいは仕事をするようになっても、実習や研修などでグループワークをすることがありますよね。

内容にもよりますが、ある程度知っている人がいる場合もあれば、周りはすべて知らない人ということもあります。

そこで登場するのが、自己紹介です。

自己紹介でなくても、自分の考えや思ったこと、意見などを述べる機会というのも非常に多いです。

僕は昔からこういう自分のことを人前で話したり、自分の意見や考え、思ったことを人前で発表したりするのが本当に苦手で、実際上手くできることも少なかったと思います。(あなたはどうでしたか・・?)

zikoshoukai1

もちろん誰しもある程度の緊張や恥ずかしさや面倒くささは、あると思います。

でも、周りの人を見ていて、「自分のことをこんなに上手く語れるんだ、すごいな~」と思うことが多かったです。

人前で話そうと思うと、緊張して頭の中が真っ白になってしまい、良い話が思い浮かばなくなってしまいます。

話す内容、発表の内容を考えてくださいなどと時間を与えられても、あまり良い考えが浮かばないのです・・(汗)

しかも、実際話す場面では頭の中が真っ白と言ったらおおげさかもしれませんが、考えが上手くまとまらない状態になっていますので、支離滅裂で分かりにくい話になったり、話すことが思い浮かばずスムーズに話ができなかったり、逆に緊張し過ぎて早口になってしまったりということになることも多かったです・・。(凹)

そこで、気づいたことがあります。

それは、普段あれだけ頭の中をどうでもいい思考がぐるぐる回っているのに、いざという時に、本当に必要な時には全然良い考えが浮かばないのか、ということです。

ようは、思考をコントロールできていないということですよね。

前回の記事「思考が暴走するとうつになる?思考中毒を治すためのメンタルトレーニング」でも書きましたが、思考中毒になって思考が暴走してしまっていると、思考をコントロールすることができず、むしろ不安や緊張をあおるような思考(失敗したらどうしよう・・など)が思い浮かび、ますます緊張してしまうことにもなり、本当にろくなことがありません。。。

普段から考えすぎるタイプの人ほど、緊張もしやすい傾向があります。

やはり、考えすぎたり思考中毒にならないよう、普段からのメンタルトレーニングは大切ですね。

自己肯定感と自己愛

それでは、自分のことを人前で話すのが好きな人、むしろ周りから注目されるのが好きな人は、そうでない人と比べて何が違うのでしょうか。

その一つは、やはり「自己肯定感」にあると思います。

そして、自分のことをどれだけ好きでいるか、愛しているか、つまり「自己愛」というのも、重要な要素だと思います。

結局、自分のことを話すのが苦手だとか嫌いだという人は、根本的に自己愛が足りていないのだと考えられます。

僕も昔から、自分のことを話すがあまり好きではなく、とても苦手なタイプでした。

人は本質的には他人の話を聞くよりも、自分が話して、自分の話を他人に聞いてもらう方が、ずっと楽しいですし、ストレスもたまりません。

でも、自分のことを話すのが苦手な僕からすると、相手の話を聞いている方が、ずっと楽であったりもしたわけです。(同じような感覚をお持ちの方もいるのではないでしょうか。)

スポンサードリンク

自己肯定感を測るものさし

人前で堂々と自分のことを語れるということは、自分に本質的な自信をもっていて、自己肯定感が高いということです。

ということは、メンタルトレーニングを継続していく中で、そういった自己紹介や自分のことを語る場面というのは、実は自分自身の自己肯定感を測る絶好の機会でもあるわけです。

もしそこで、少しでも昔よりも語れるようになってきたな~、緊張しなくなってきたな~と感じることがあれば、成長している証ですね。(^_^)

自己肯定感を高める方法については、「大人になってからでもできる、自己肯定感を高める方法」の記事で書いていますので、まだ読まれていない方は参考にしてください。

自分の話をするのが心から楽しいとか、周りから注目されて嬉しいと感じるようになったら、自分を愛する心、自己愛が強くなってきている兆しかもしれません。

もちろん、あまり行き過ぎると目立ちがり屋とかナルシストになってしまうので、そこは注意されてください。(笑)

自分軸のバロメーター

突然ですが、今からあなたの好きなことを何でも良いですのでテーマとして、みんなの前で3分間語ってくださいと言われたら、できますでしょうか。(え?!)

3分間って結構長いですよね・・

まして、5分間、15分間だったらどうでしょうか。(ひえ~・・汗)

メンタルの不調を抱えている人は、自分の好きなことを語るのも苦手な人が少なからずいると思います。

自分が何に興味があって、自分が本当は何が好きなのか、よく分からないのです。

「趣味は何ですか?」と聞かれても、「特にこれと言ったものはないんです・・」と回答してしまう人も結構いますよね。

そういった意味で、自分が好きなことを十分に語れるかどうかは、「自分軸」のバロメーターでもあると考えられます。

自分軸が失われていると、自分が本当は何が好きで何をしたいのかもよく分からなくなり、そもそも、何に対しても興味が持てなくなってきてしまうのです。

何に対しても興味が持てず、何をしても楽しいと思えないというのは、まさにメンタルの不調をきたしている兆候の可能性が高いですよね。。。

僕は以前、自分が何をやりたいのか、何を趣味にしたら良いのか考えていた時に、自分は何が好きなのか、何をやってみたいのかを、ひたすら書き出してみるという作業をしたことがあります。

心の声に耳を傾けて、頑張って書き出してみると、意外と書けるかと思います。(必ずしも多い必要はありません)

そして、自分は何が好きなのか、何に挑戦してみたいのかを考えることは結構楽しいことですの、時間のある時にでもやってみてください。(^_^)

あなたにおすすめの記事

メンタルを強くするにはどんな音楽、どんな曲を聞いたら良いのか?
音楽を聴いていると楽しい気分になったり、テンションが上がったりしますよね♪ 音楽と幸福度の関係についてはいろいろと心理学的な研究がされてい...
「1日4分自己催眠トレーニング『脱!!恐怖症プログラム』」のレビュー
あなたは、今まで生きてきた人生の中で、自分の性格のこういう部分を直したいとか、もっとこんな風になりたいと思ったことはありませんか? みんな...
ストレスや緊張が消える正しいストレッチの仕方とは?
ストレッチをして、硬くなった筋肉や腱を伸ばしたり体の柔軟性を保つことは、とても大切なことだと思います。 ストレッチをして体の緊張がほぐれる...
特典1「食事を変えればあなたは変われる!メンタルや健康に『良い食べ物』と『悪い食べ物』のすべて」
あなたは、どんな食事や食べ物がメンタルに悪い影響をもたらすのか、ご存じでしょうか? 逆に、どんな食事をしたらメンタルや健康に良いのか、ご存...

【忘れないようにシェアする!】

【更新情報をフォローする!】